top of page
検索

ハーブティー屋の手しごと・シュトレンつくってみたよ

更新日:1月19日




ちょっと季節外れのシュトレン

年末に仕込んでお年賀代わりに作りました


なんだか世の中シュトレンブームですが20年ほど前から大好き!


ブームのおかげでシーズンはどこでも売ってたり

はたまた個性的だったり、手に入りにくかったりですが

なんだかんだと毎年いただいてます


昔早朝バイトしてた地元パン屋さんのもおいしかった!


でもねクリスマスを待って一切れずつ…なんて食べ方できません!

みんな無理だよね?(笑)


今年は簡易版ですが久々にシュトレンを仕込んでみました

簡易版にしては楽しめたかな?


お供はハーブティーならぬワインで

実はYUANHERBのラインナップ!


YUANHERBの隠れた名品


YUANHERBにはこんなのもあるんですよ!


ワインにハーブを漬け込む?!とかなり気になるそうで

一度知るとリピーターさんも多い商品です


元々は飲食店様に人気のサングリアやHOTワインを

甘ったるくなく食事に合うようにハーブでアレンジできないか?


そんな調理師のお客様のご要望から生まれた「ワインを美味しくするハーブ」


特別なお客様へのおもてなしにもいいですが

残念ながら好みでなかったワインやリーズルナブルなワインも

見違えるほど美味しく生まれ変わります


ポイっとハーブのバッグを入れゆったり4~6時間お待ち下さい

甘めのワインがおすすめです


ハーブを使うせいかお酒が残りにくく

翌日スッキリ起きれたというお話もよく聞きます


お酒好きな方はぜひ試してみて下さいね♪



ROUGE(赤ワイン用)はシナモンが少しアクセントな味わいで

キリッと冷やしても、温めてHOTワインにしても、常温でも


ほんのり甘くおいしい仕上がり

白ワイン派ですというお客様がこれで赤ワイン派になりました!との声が多い(笑)



BLANC(白ワイン用)はハーブが華やかでフローラル

すっきり美味しい仕上がり


きりっと冷やしてアイスで楽しむのがおすすめですが

HOTもまた違った味わいに


ちなみに私はホットワインにするのが好きです♪


ワインの種類にもよりますが画像の様にロゼ色になったり

ほんのりピンクになったりとキレイです


どちらもシュトーレンにぴったりでした(笑)

 







bottom of page