top of page
検索

ハーブティー屋のガーデン便り・大和当帰の摘み取り体験に佐藤薬品工業和漢研究所さんへ

更新日:6月14日



今年も大和当帰の摘み取りイベントに参加してきました


佐藤薬品工業 和漢薬研究所さんへ


奈良県橿原市

御所市に隣接してるくらいのところ


奈良は古来から薬と深い関係があり私も実はご縁があります


すぐ隣のくすりのまち高取町は

うちの母方の田舎で(ちゃんと伺った事がないのですが…)

私のひいおじいちゃんが大和の薬売りなんです


ひでじぃも実家は大和郡山市ですしね


そして現在ハーブティー屋


色々とご縁を感じるのです



現在の原料生薬の話や

佐藤薬品工業株式会社さんの取り組み

奈良県の漢方のメッカ推進プロジェクトの事なども

色々お話ししていただきお勉強


特に佐藤薬品工業 和漢薬研究所さんは

休耕田を生薬栽培圃場にして薬用植物を育てるという

なかなか大変な事にチャレンジ中


今は奈良県知事が変わり

漢方のメッカ推進プロジェクトがゼロスタートになったようですが

ぜひとも続けてほしい取り組みですよね



大和当帰の1年目2年目3年目の畝も見せていただきました


漢方の原料になるのは当帰の根っこ

2年育てて掘り起こし1年干して冬を越し

そこからやっと加工します


種の保存のために花が咲くと

根っこへ栄養がいかなくなりよいものが出来なくなるので

花が咲いた当帰は抜いてしまいます


などなかなか大変な当帰の生育


日本で消費されている生薬はほぼ中国産ですが

日本での漢方薬の農家さんがいなくなってしまったのも

仕方がなかったのかも知れない


けれどこのままじゃ

有事が起こった時に問題が起こりますよね


農作物を輸入に頼り過ぎている

日本の問題なんですよね

色々考えさせられます




ジャンボにんにくの収穫もしましたよ


今年は大和当帰なに作ろうかな?


去年は蒸留にチンキに和洋中の料理アレンジ色々したので楽しみです


 

【佐藤薬品工業 和漢薬研究所】

 

3種類のハーブティーが付いてくる

マガジンにはたおやかに過ごすための

こんな感じの楽しいヒントが散りばめられています♪

 

Commentaires


bottom of page